Speaker

浦野佳織
浦野佳織 


QOL・QOD向上を支える歯科衛生士を目指して
~これからのシルバー世代をどう支えていくかを考える~

現在、日本は超高齢者社会と呼ばれ、その中でシルバー世代に対するQOL(quality of life生活の質)やQOD(quality of death死の質)の向上を目指した取り組みが、様々な分野で行われている。
歯科では患者の一生涯に早くから寄り添うことができ、歯科医師による治療だけではなく、歯科衛生士がQOL・QODの向上を患者へ促し、支える時代になってきた。
例えば、QOLの向上を目指す為には、歯科衛生士が食育や正しい咀嚼機能トレーニングを指導する事で、シルバー世代の長期にわたる歯科治療が原因でおこる低栄養や、咀嚼機能改善後の肥満などを改善することが出来、またQODの向上を目指す為には、口腔周囲筋トレーニングを指導し、摂食嚥下機能の低下による誤嚥性肺炎を防いだり、臼歯の噛みしめと脚力トレーニングを指導し、転倒骨折を予防することができる。そして、「噛む力・食べる力」を正しく使う事で体の様々な機能が働き「生きる力」へとつなぐことが出来る。
 
これらを踏まえ、歯科衛生士が口腔内管理と共に、患者一人一人に合ったQOL・QOD向上に対する取り組みとして、「咀嚼指導」「低栄養・肥満に対する食育指導」「誤嚥性肺炎予防対策」「転倒骨折予防対策」を日々のメインテナンスの中でどのように行うべきかを、当医院の症例を交えて報告する。