Speaker

松田哲
松田哲


ベーシック 補綴臨床 ハンズオン
−形成・テック・印象−

 
 日々の臨床においてタービンで歯を削っている時間が少なくなり,予防やメインテナンスに費やす時間が増えていることを感じます.しかしながら,齲蝕や外傷などによって失われた硬組織を修復,機能回復する支台歯形成をはじめとする補綴治療に対する我々のエフォートは最大と言えると思います.この補綴治療によって支台歯や歯列・口腔全体の寿命が左右されるといっても過言ではありません.多くの先生たちが患者の口腔内を見たとき補綴・修復された歯から問題が生じていることを経験しているかと思います.正確な補綴治療がいかに重要であるかを痛感される瞬間です.補綴治療において,生態に調和し,補綴マテリアルの強度を確保し,機能性審美性を両立させ患者,術者の満足度も高い予知性に優れた修復を行うことが支台歯や歯列・口腔全体の保護につながります.
 マテリアルが日々進化するなか,補綴治療にも移り変わりが生じています.しかしながら,変わらない原理・原則もあり,基本に忠実でありながら,新しいマテリアルに対応し最新の補綴技術も取り入れる必要があります.本講演では,生態に調和・補綴マテリアルの強度の確保・機能性審美性を両立させ患者,術者の満足度も高い予知性に優れた補綴物を装着可能にする補綴治療の基本を,形成・テンポラリークラウン・印象という流れを通して,ハンズオン形式で実習していただきます.


略歴
1994年 明海大学歯学部 卒業
1994年 明海大学歯科臨床研究所付属PDI埼玉歯科診療所研修医
2005年 明海大学歯学部機能回復学講座オーラル・リハビリテーション分野 講師
2006年 明海大学PDI東京歯科診療所 所長
 
日本顎咬合学会 指導医・認定医
日本歯周病学会 指導医・専門医
日本口腔診断学会 指導医・認定医